【副業】ザ・ワールド(The World)は詐欺!?メタバース空間の土地権利が虚偽である怪しい実態について徹底解説

THE WORLD(ザワールド)は怪しい副業なのか?緒方剛の口コミ評判も調査!

あずまです!

⚠️実際に検証した結果、私からザ・ワールド(The World)の副業をおすすめすることはできません。

THE WORLDが稼げない理由

・高額参加費請求や存在しない土地購入などのリスクがある

・スポンサー企業が明らかにされず、信頼性が低い

・無料提供されるメタバースの実在性が疑われ、投資のリスクが高い

副業デンジャーでは、副業詐欺に騙されないために、怪しい・詐欺・稼げないと噂される話題の副業やネットビジネスを口コミ評価や登録検証の観点から徹底的に検証しています。

記事を読んでも不安が解消されない方や、1日でも早く副業で稼ぎたいという方は、私のLINEから稼げる優良情報や稼ぐための方法などを紹介しています。

副業デンジャー

尚、副業に初めて取り組む方や、自分で稼いだ経験がない方向けに、0→1を経験できるオススメの副業を紹介しますので下記よりご確認ください。

この記事を書いた人
あずま
あずま
ブログを書いているあずまといいます。現在は5つのネットビジネスで月400〜500万円の収入を得ながら、副業や投資ついてレビューしています。また、これまでのネットビジネスの経験を存分に活かして、騙されない情報や稼げる情報なども紹介しています。副業の情報に興味があれば、私のLINEからお教えできます^^
目次

ザ・ワールド(The World)は家賃収入+権利収入で稼ぐ副業

結論から言うと、ザ・ワールド(The World)のデジタル不動産に参加しても、毎月100万円の不労所得を得ることはありません。

ザ・ワールド(The World)の無料モニターに参加すると稼げるどころか、個人情報を悪用される危険性があるため参加はおすすめしません。

メタバースの市場に目をつけたザ・ワールド(The World)が気になっている人も多いのではないでしょうか?

確かにメタバースは、仮想世界を現実のものにする技術として、注目を集めています。

2021年には、Facebook社が社名をMetaに変更するなど、メタバースへの参入する企業も増えています。

メタバースは、エンターテイメント、コミュニケーション、ビジネスなど、様々な分野で活用が期待される一方で、以下のようなリスクも存在します。

  • 個人情報の流出
  • フィッシング詐欺
  • なりすまし
  • デジタルアセットの盗難
  • サイバー攻撃

メタバースでは、現実世界よりも多くの個人情報が扱われるため、情報漏えいのリスクが高くなります。

また、匿名性の高い空間であるため、フィッシング詐欺やなりすましなどの犯罪行為も起こりやすくなります。

また、メタバースは現行の法律では対応しきれない法制度の整備も問題もあるため、THE WORLDの土地オーナーに参加することを慎重に検討する必要があります。

不労所得を得られる保証はない

ザ・ワールド(The World)のようにメタバース空間の、土地やアバターを提供するレンタル事業も増えてきましたね。

そのメタバース空間で作られた土地やアバター、アイテムなどのデジタル資産がNFTとして売買されています。

ザ・ワールド(The World)のように、メタバース関連の企業やプロジェクトに参加することで、将来的に利益を得られる可能性はあります。

ですが、メタバースは新しい技術であり、将来的にどのような発展を遂げるかは不透明です。

不労所得を得られるという保証はありません。

権利収入型ビジネスはトラップ

ザ・ワールド(The World)では無料で貰ったメタバース上の土地一棟を利用して毎月自動収入が発生すると謳っています。

  • 家賃収入50万円
  • 企業からのスポンサー収入50万円

ザ・ワールド(The World)の仮想空間で遊ぶための家(集合住宅)を作り、その家に10人の参加者が住んだ場合に家賃収入の50万円の収入を得ることができるようです。

また、所有しているデジタル不動産に企業の広告を載せることで、スポンサー収入を企業から毎月定額の広告費として受け取れる仕組みです。

ですが、ザ・ワールド(The World)を利用する人が集まればの話ですね。

実際に、家(集合住宅)を作ってもザ・ワールド(The World)で遊ぶユーザーが居なければ権利収入どころか、時間の無駄ですね。

ザ・ワールド(The World)の仮想空間の土地と建物を無償で差し上げますとありますが、近年主流のゲームの課金のように構築していくために高額な費用がかかる可能性が考えられます。

また、ザ・ワールド(The World)を創設者の緒方剛や、運営会社についても詳しく解説していきます。

緒方剛は実績・経歴が不透明【演者の可能性あり】

ザ・ワールド(The World)の創設者である緒方剛がどんな人物なのか口コミ・評判から確認してみましょう。

緒方剛は、ザ・ワールド(The World)の創設者としてランディングページに記載されていまが、一体どんな人物なのでしょうか。

実業家として様々な活動をしているようですが、その実績に関しては詳細がわからないので判断しようがありません。

実際には緒方剛という人物は、演者の可能性があると考えられます。

その理由として、インターネットで緒方剛についてGoogle検索やSNSなどで口コミや評判を調査しましたが、調べてみても何の情報も出てこないためです。

緒方剛について調べているレビューサイトを見ても「怪しい」「実業家ではない」「経歴は嘘」といったネガティブな内容が多く目立ちます。

緒方剛は、創設者としての過去の実績や公的記録が不明で、実際に存在するかどうか疑問です。

このような不透明な背景は、副業詐欺のサイトによくある問題として信頼性を損なう要因の一つにあげれます。

ザ・ワールド(The World)の運営情報が不透明で怪しい

特商法(特定商取引法に基づく表記)とは、事業者による違法・詐欺・悪質な商取引を防止して私たち消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

返金やクーリングオフなどの注意書きが記されている重要な情報で、ネットビジネスや副業には特にこの特商法を記載することが義務付けられています。

ここでは、特商法に記載される、販売者や運営者情報、電話番号やメールアドレスなどの連絡先情報を徹底的に調べていきます。

これが、ザ・ワールド(The World)の特商法の表記です。

運営統括責任者緒方剛
所在地大阪府牧方伊加賀本町15-2
電話番号不明
メールアドレス[email protected]

ザ・ワールド(The World)の特商法の表記には運営元の法人名や電話番号の記載がありませんでした。

ザ・ワールド(The World)は緒方剛が個人でやっているということでしょうか?

壮大なプロジェクトを一人で動かすなんて無理ですよね・・・

返金や解約の方法も記載なし

緒方剛のザ・ワールド(The World)は、特商法の表記には出金・返金・解約についての記載がないため不明です。

返金・クーリングオフについて不明
解約・キャンセルについて不明

ザ・ワールド(The World)の特商法の表記に注意書きが以下のようにあります。

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

特商法の表記には返金や解約についての記載はありませんでしたが、特商法の表記にない時点で不可能であることが考えられるので、ザ・ワールド(The World)への参加は危険です。

ザ・ワールド(The World)に登録しても稼げなかった【検証結果を公開】

では、ザ・ワールド(The World)に登録を行っていきます。

名前とメールアドレスを入力するとサンクスページへと遷移し、公式LINEへ登録するよう案内されます。

登録するLINEアカウントは「THE WORLD公式LINE」となっており、登録後すぐに動画を視聴するようリンク付きの画像が届きます。

では、早速、案内された動画を確認してみます。

動画を見てもLPと同じ内容しかわからない

【あなたは毎月100万円を受け取るだけ!?新世代の不労所得を今日から早速手に入れませんか?】という35:42の動画です。

動画は浅野という男性と、南るかという女性、そして緒方剛の3人の対談形式で進んでいきます。

メタバースの市場規模が2030年には9300億ドルになると予想されていることや、デジタル不動産1棟につき1社のスポンサーがつくことなどが紹介されています。

基本的には全てランディングページで紹介されていたことなので、動画を視聴する価値はありません。

唯一価値を見出すとすれば、ザ・ワールド(The World)の動画は次回に続いていくということだけです。

この動画ページからは、BANDというアプリを通して、ザ・ワールド(The World)の体験サイト(無料モニター)を確認することができます。

そこで明らかになったのは、動画は全部で4回に分けて配信されるということです。

これは、プロダクトローンチと呼ばれるマーケティング手法です。

プロダクトローンチは、商品やサービスの販売前から集客を行い、情報を小出しにすることで購買意欲を掻き立てます。

最終的には発売開始と同時に購入者が殺到するため、大きな売上を立てることができます。

大手企業なども導入しているので、手法自体は何の問題もありません。

ですが、ザ・ワールド(The World)は無料でメタバースの土地・建物を無償で提供すると謳い集客をしています。

最終的に商品やサービスが販売されるので、無償で稼ぐことはできません。

非常に悪質であり、詐欺と言われても仕方がありませんね。

さらに、ザ・ワールド(The World)には問題があるので、会員サイトを見ていきます。

メタバース空間の土地保有は虚偽の可能性大

会員サイトを確認すると、マップ区分:WORLD13・不動産番地:C-2が割り振られていることがわかります。

WORLD13にはショッピングモールやカフェ・カジノなどもあり、マップとしてはそれなりに充実しているようです。

ただし、これがメタバース空間であればです。

上記で表示したのはあくまで会員サイトで見ることができる平面上のマップです。

メタバースというぐらいなので、どこかに仮想空間があるはずですが、残念ながら会員サイトからはアクセスすることができません。

アクセスができないメタバースなんて無意味ですね。実在するかも怪しいものです・・・

また、この会員サイトでは収支報告書も確認できるのですが、ざっくりとした数字しかわかりません。

出金に関する項目もありません。

全く役に立たない会員サイトと言えますね。

あくまでも体験サイトとされていたので、期間終了後は支払いが発生することは確実です。

無料でもありませんし、メタバースが存在するかもわかりませんので、参加は見送った方がいいでしょう。

ザ・ワールド(The World)の口コミ・評判がない

ザ・ワールド(The World)はすでに257名が稼いでいると言われていました。

それだけの人数が毎月100万円稼いでいるなら優良なメタバースとして良い口コミや評判があっても不思議ではありません。

そこで調べてみたのですが、Google検索で見つかるのは全く別の案件のみです。

大規模なプロジェクトにも関わらず検索に出てこないのは如何なものでしょう。

では、こういったプロジェクトの情報がいち早く回るX(旧ツイッター)も確認してみます。

X(旧Twitter)でも全く話題になっていない

メタバースのプロジェクトではよくX(旧Twitter)やDiscordなどが使用されています。

なので、多くの方はXなどで情報を発信しています。

ですが、ザ・ワールド(The World)をX(旧Twitter)で検索しても該当する書き込みはありませんでした。

プロジェクトを広める気も無さそうですし、参加者が実際にいるかも怪しいですね。

ザ・ワールド(The World)の副業を検証した結果

緒方剛のザ・ワールド(The World)を調査した結果をまとめると、この3点の理由から詐欺の可能性がある副業です。

検証結果 / 解説
  1. スポンサー企業が明らかにされていない
  2. 無料で稼げると謳っているが、実際には参加費が必要
  3. メタバースすら存在していない可能性がある

ということで、この副業を私からおすすめすることはできません。

ザ・ワールド(The World)に興味があったかもしれませんが、決して惑わされないでください。

よければシェアしてください
この記事を書いた人・監修者
あずま

この記事を書いているあずまです。

現在は5つのネットビジネスで月400〜500万円の収入を得ながら、正しいネットビジネスの情報を発信しています。

インターネットビジネスを始めて初月でサラリーマンよりも高い月収を得る事に成功し、3か月目で200万円を生み出した方法をLINEにてお教えしています(^^)

副業デンジャー
目次