ChatGPTを活用した副業での稼ぎ方と注意点

ChatGPTを活用した副業での稼ぎ方と注意点

あずまです!

今回は、ChatGPTを活用した副業での稼ぎ方と注意点を紹介していきます。

AIの進化により、初心者でも手軽に始められる副業が増えています。

初心者でもできるAI副業を厳選し、それぞれのメリットや始め方を詳しく解説していくので、あなたもChatGPTの可能性を探り、副業での成功を目指しましょう。

ChatGPT以外にスマホでも稼ぐ方法が知りたい場合は、【初心者必見】スマホ副業で安全に0→1を達成できる方法を解説!もご覧ください。

副業デンジャー
この記事を書いた人
あずま
あずま
ブログを書いているあずまといいます。現在は5つのネットビジネスで月400〜500万円の収入を得ながら、副業や投資ついてレビューしています。また、これまでのネットビジネスの経験を存分に活かして、騙されない情報や稼げる情報なども紹介しています。副業の情報に興味があれば、私のLINEからお教えできます^^
目次

ChatGPTを使った副業で稼げるのか?【結論】

ChatGPTで副業をして収入を得ることは可能です!

最近、AI技術が進化してきたことで、ChatGPTを利用した副業で収入を得る人が増えています。

自然言語処理の能力に優れているChatGPTは、コンテンツ作成やカスタマーサポートの自動化、プログラミングのコード生成など、さまざまな分野で副業として活用されています。

初心者向けの副業

ChatGPTを活用した副業には、以下のようなメリットがあります。

時間の節約:ChatGPTを使うことで、自動的にテキスト生成や応答が行われるため、作業効率が向上します。

多様な業務への応用:文章の生成やデータ分析、カスタマーサポートなど、様々な業務に活用できるため、収益の拡大が見込めます。

そんなChatGPTを活用した初心者向けの副業は以下の通りです。

①:文字起こし ChatGPTを使えば音声や動画ファイルをテキストに起こすことができます。
②:Excelの開発 データ入力や処理を自動化するマクロをChatGPTで作成できます。
③:LINEスタンプ販売 ChatGPTを使ってLINEスタンプのデザインや作成を行い、販売することができます。
④:AI画像生成 ChatGPTを利用して、イラストや写真などの画像を自動生成することが可能です。
⑤:ライティング 自動で記事やコピーを生成するChatGPTを活用して、ライティングの仕事を行うことができます。
⑥:書籍販売 ChatGPTを使って小説やビジネス書などの書籍を執筆し、販売することができます。
⑦:SNS運用 ChatGPTを活用してSNSのコンテンツを自動生成することができ、SNS運用を効率化できます。
⑧:キャッチコピー作成 販促文や広告などのキャッチコピーを ChatGPTを使って自動生成することができます。

文字起こし

1分間の音声文字起こしの単価は、50~200円程度であり、難易度は低から中程度です。

基本的な文字起こしはChatGPTを使用し、最終チェックを人間が行うことで効率的に業務を進めることができます。

Excelの開発

Excelの開発では、データ入力や分析作業を自動化するスクリプトを作成し、業務を効率化することが可能です。

このようなサービスの提供は、単価は1案件あたり数千円から数万円で、難易度は低から中程度です。

ただし、基本的なExcelの操作やプログラミングスキルが必要になります。

LINEスタンプ販売

LINEスタンプの販売では、ChatGPTを活用してユニークなキャラクターやセリフを考案し、個性的なスタンプを制作することができます。

この副業の相場単価は1件あたり数百円で、難易度は低です。

デザインスキルやマーケティングの知識がある程度必要ですが、他の副業と比較すると始めやすく、初心者におすすめです。

AI画像生成

AI画像生成では、ChatGPTを活用して個性的なアート作品やデザイン素材を生成し、販売することで収益を得ることが可能です。

ChatGPTを利用することで、AI画像生成とともに、需要のある画像のアイデアも考えてもらえるため、非常におすすめです。

月額約2,700円から利用可能な有料版を利用することで、単価数千円から数万円の難易度低~中の仕事が可能になりますので、ぜひ試してみてください。

ライティング

ChatGPTを活用することで、SEOに最適化された記事を迅速に生成できます。

以下の利用方法があります。

  1. 見出しを作ってもらう
  2. タイトルを作ってもらう
  3. 本文を作ってもらう
  4. 人の手で書いた記事をリライトしてもらう
  5. 記事のアイデアを考えてもらう

ChatGPTを使えば、短時間で多くの記事を投稿することが可能になり、効率よく稼げるようになります。

ライティングの単価は月数千円から数十万円であり、難易度は低~中となっています。

初心者でも始められますが、SEOの基本を理解しているとより収益化しやすいです。

書籍販売

ChatGPTを使うことで、ジャンル選びから章立て、本文作成まで時間を節約して質の高いコンテンツを生み出すことができます。

完成した電子書籍は、Amazon Kindle Direct Publishingなどのプラットフォームを通じて販売するのがおすすめです。

紙媒体よりも電子版がおすすめな理由は、印税率が高く、稼ぎやすいからです。

紙の書籍では、著者の印税率は通常2~10%程度ですが、電子書籍の場合、最大で70%の収入を得ることができます。

そのため、収入を得たいと考えている方にとって、電子書籍はおすすめの副業と言えます。

SNS運用

ChatGPTを巧みに使用し、ユーザーに訴求する力強いコンテンツを制作することで、SNSアカウントのフォロワーを増やし、これが収益に結びつくことでしょう。

具体的な活用手法はいくつか存在し、以下がその代表的な例です。

  1. 投稿文の起草
  2. 投稿内容のアイデア発想
  3. ユーザーとの対話(ダイレクトメッセージ)の自動化

これらの手法を組み合わせることで、企業とのスポンサー契約やアフィリエイト収入の獲得が可能となり、収益化が期待できます。

InstagramやX(旧Twitter)などは広く利用されているプラットフォームであり、副業を始める上でのハードルは比較的低いと言えるでしょう。

キャッチコピー作成

ChatGPTを活用することで、キャッチコピーのプロでなくても、短時間で魅力的なコピーを生み出すことができます。

マーケティングの基礎知識を身につけることで、より高い収入を得ることができます。そのため、同時に学ぶことをおすすめします。

上級者向けの副業

さらに上級者向けの副業としては、以下のようなものがあります。

①:ロゴ販売 ChatGPTを使ってロゴデザインを自動生成し、販売することができます。
②:YouTubeなどの動画制作 動画の編集や制作をChatGPTを活用して効率化し、収益を得ることができます。
③:マンガ販売 ChatGPTを使ってマンガの制作や販売を行うことができます。
④:翻訳 ChatGPTを利用して、翻訳業務を行うことができます。
⑤:プロンプト販売 ChatGPTを使って作成したプロンプトを販売することができます。
⑥:ChatGPTの使い方コンサルティング ChatGPTを使った副業のアドバイスや指導を行うことができます。
⑦:アプリ開発 ChatGPTを使ってアプリのアイディアやコンセプトを自動生成することができます。
⑧:チャットボット開発 ChatGPTを活用してチャットボットの開発や運用を行うことができます。

ロゴ販売

ChatGPTを利用した上級者向けの副業として、ロゴ販売があります。

利用者はChatGPTに顧客の要望を入力し、それに合わせたロゴデザインの案を得ることができます。

得た案を実際にデザインし、販売することで収益を得ることができます。

ただし、デザインスキルやマーケティング知識が必要となるため、上級者向けの副業と言えます。

YouTubeなどの動画制作

動画制作において台本の重要性は言うまでもありませんが、ChatGPTによって「動画タイトル・チャンネル名・コンテンツの概要・登場人物」などを入力することで、簡単に台本を作成することができます。

台本作成にChatGPTを利用できれば、自身のYouTubeチャンネルの運営だけでなく、他のクリエイターからの依頼も受けて台本制作で収益を得ることが可能です。

マンガ販売

ChatGPTを使ったマンガ制作は、制作時間を効率化できるため、副業としての収益を増やすことができます。

相場単価は数百円から数千円程度で、難易度は高めですが、経験がある方にはおすすめの副業と言えます。

翻訳

ChatGPTを利用した翻訳の副業では、文章全体の翻訳だけでなく、より良い翻訳文を作るための適切な単語選択などにも活用できます。

相場単価は数万円から数十万円まで幅広く、難易度も中から高めとなっています。

言語力が求められるため、決して簡単な副業ではありません。

プロンプト販売

ChatGPTを活用した応答を引き出すためのプロンプトを作成し、そのサービスを企業や個人に提供して収益を得る仕組みがあります。

ただし、プロンプトの入力内容によっては望んだ回答を得られないこともあるため、作業効率化にはプロンプトエンジニアスキルが必要です。

ChatGPTはまだ発展途上の技術であるため、適切なプロンプトを作成するスキルを持つ人々の需要は高く、独自性と質の高いプロンプト作成は高い難易度があると考えられます。

業界では供給不足の傾向にあり、そのため相場単価も高めに設定されています。

ChatGPTの使い方コンサルティング

ChatGPTの使い方コンサルティングでは、ChatGPTを活用した副業が注目されており、企業や個人に対してChatGPTの指導やアドバイスを提供することで収益化が可能です。

しかし、この仕事には専門知識だけでなく、マーケティングスキルや論理的思考力・プレゼン能力など多岐にわたるスキルが必要であり、難易度は高いものとなっています。

アプリ開発

アプリ開発は、一定のプログラミングスキルを持っていれば、ChatGPTを利用して収益を得ることができる副業の一つです。

ChatGPTを使って新しいツールやサービスを開発することで、ユーザーに新しい価値を提供し、副業から本業に繋がる可能性もあります。

実際、多くの開発者がChatGPTを使ったアプリ開発で副収入を得ており、成功事例も増えています。

プログラミングスキルがない場合は、プログラミングスクールに通ってスキルを身につけることをおすすめします。

アプリ開発は世間のトレンドによって新しいアプリを継続的に作る必要があるため、トレンドの追跡や継続的な学習が必要です。

しかし、インターネットの普及により需要が高まっており、今後も需要が見込まれる分野なので、おすすめの副業です。

チャットボット開発

チャットボット開発は、企業や個人に対してチャットボットを開発し販売することで収益を得ることができる副業の一つです。

ただし、プログラミングスキルが必要であり、特にPythonやJavaScriptなどの言語を使用するため、初心者は学習が必要です。

最近では、PythonやJavaScriptに特化したプログラミングスクールも増えているので、積極的に学んでみましょう。

ChatGPTを使った副業の際に留意すべき点

ChatGPTを利用して副業を始める際には、いくつかの留意すべき点があります。

以下でそれぞれの点について詳しく解説していますので、副業を始める前に必ずご確認ください。

①:法的な問題を理解する

ChatGPTを用いた副業を考える際、法的な問題について理解することが不可欠です。

特に、著作権や契約違反などは重要なポイントです。

例えば、ChatGPTが生成したコンテンツの著作権の保持者や元の契約に違反していないかなどを熟考し、利用規約を細心の注意を払って確認することが大切です。

②:最終チェックは人間が行う

ChatGPTが生成したコンテンツには、誤った情報や不適切な表現が含まれることがあります。

そこで、ChatGPTを用いる際は人間による厳密な最終チェックが必要です。

この作業を怠るとコンテンツの質が低下し、副業に影響する可能性があるため、最終チェックは徹底して行うことが重要です。

③:信頼性の高い情報を取捨選択する

ChatGPTを用いた副業では、信頼性の高い情報を選択し、収集することが必要です。

ChatGPTは、欲しい情報を手軽に提供してくれる便利なツールですが、その情報が必ずしも正確とは限りません。

使う際は正しい情報を求めるためにも、適切な指示を与える必要があります。

ChatGPTでの副業の始め方

ChatGPTを利用した副業を始める際、まずは何をやりたいのかを決めることが重要です。

自分のスキルや市場のニーズを考慮して、どのようなサービスを提供するかを検討しましょう。

ChatGPTはテキスト生成能力に優れており、コンテンツ作成やカスタマーサポート、プログラミングなど幅広い分野で利用できます。

自身のスキルや興味を考慮しながら、ChatGPTを最大限に活用できる副業を選ぶことが大切です。

ChatGPTに登録する

次に、ChatGPTに登録することが重要です。

登録手順は簡単であり、まずはログインページにアクセスし、"Sign up"ボタンをクリックすることで登録が可能です。

既に登録済みの場合は"Log in"ボタンからログインができます。

GoogleやMicrosoftのアカウントをお持ちの方は、そちらを利用しても構いません。

ChatGPTを副業としてご利用の場合、有料版をお勧めします。

月額約2,700円で利用可能であり、無料版にはない機能もご利用いただけます。

有料版へのアップグレードは、ChatGPTにログインし、左下の"Upgrade plan"ボタンから変更が可能です。

ChatGPTを使って収入を得るためのステップ

3つ目のステップは、「収益を得るまで継続する」ことです。

最初は収益が見込めないかもしれませんが、ChatGPTの機能を最大限に活用し、独自のコンテンツやサービスを提供することで収益を得ることができます。

大切なのは、短期的な結果に拘らず、長期的な視点を持ち続けることです。

また、副業のジャンル選びも重要です。

収入を得たい方は、稼げるジャンルに変更することも1つの手段です。

ChatGPTを使った副業のまとめ

まとめると、ChatGPTを用いた副業で収入を得ることは可能です。

この記事ではChatGPTを使った副業について詳しく解説し、同時に注意点やステップについても紹介しました。

ChatGPTは、AIツールの一つであり、文章生成や会話を行うことができる機能が備わっています。

ウェブサイトのコンテンツ作成やブログ運営、SNSの投稿、小説の執筆など、様々な用途で利用することができます。

この情報を参考にして、ChatGPTを使った副業を始める準備を進めていくことで、新たな価値を生み出すきっかけになれば幸いです。

また、ChatGPTを活用する際には、使い方やコツを学ぶことも重要です。

ぜひ、副業としての可能性を探り、自分なりの使い方を見つけてみてください。

ご不明点や、悩み事などあればお気軽にご連絡ください^^

副業デンジャー
よければシェアしてください
この記事を書いた人・監修者
あずま

この記事を書いているあずまです。

現在は5つのネットビジネスで月400〜500万円の収入を得ながら、正しいネットビジネスの情報を発信しています。

インターネットビジネスを始めて初月でサラリーマンよりも高い月収を得る事に成功し、3か月目で200万円を生み出した方法をLINEにてお教えしています(^^)

副業デンジャー
目次