投資

プラチナラインシグナルは投資詐欺で稼げない!?怪しいFXトレード手法とは

プラチナラインシグナルは投資詐欺で稼げない!?怪しいFXトレード手法とは

あずまです!

⚠️はじめに言っておきますが、プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)はおすすめできません。

 

副業デンジャーでは、話題の副業やネットビジネスを口コミ評価や登録検証の観点から徹底的に検証し、その安全性や危険性をお伝えしています。

 

もし、不安が解消されない方や、1日でも早く副業で稼ぎたいという方は私と繋がっておいてください。

 

私のLINEから、稼げる優良情報や稼ぐための方法などを配信しています。副業全般に関わるご相談にもお受けしていますので、どんなことでも気軽にLINEにつぶやいていただければすぐに返信します。

いつでも頼ってください(^^)

 

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 内容

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)とは、再現性100%でほったらかし&マネするだけで1日わずか3分で毎日10万円を稼ぐことのできるFX投資のプロジェクトです。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 内容

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)を開発・考案した人物は加藤ムネヒサ氏であり、加藤ムネヒサ氏のトレード手法を完全再現することで「勝率7〜8割」「月収200万円」「年収2400万円」を実現します。

 

リアルタイムで利益チャンスを毎日配信するため、面倒な相場分析やエントリー・決済判断なども自身で行うことが不要になるそうですね。

 

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)の実績に関しては、

5万円の資金を放置していれば、勝率73.5%329戦242勝とわずか3分のスキマ時間のトレードで798万円の結果を残せた例があり、半年で1200万円、年間で2400万円、マネするだけで1億円を稼ぎ出せることが可能のようです。

 

完全放置で稼ぐという点から、プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)はFX投資自動売買ツール(EA)を利用することが分かりますね。

 

確かに、最近の副業ブームの中で、誰でも手軽に副収入を稼ぐことが出来ている時代になってきました。その中でも人気を集めている一つが投資ツールです。仕事や家事をしながらも自動的に資産構築をしてくれるため、上手に活用すれば資金を増やし続けることが出来ます。

 

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)のランディングページには誇大表現が多く使われています。

「再現率100%!マネするだけ&ほったらかしで、究極の稼ぎ方を再現」

「1日3分で毎日10万円」

「勝率7〜8割・月収200万円・年収2400万円」

 

一般的な利率は10%〜20%が平均値で、FXや株式などの投資に絶対はありませんし絶対に稼げると表現してはいけません。

 

なので、プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)は明らかなHYIP(ハイプ)案件ですが、その中でも異常に数値を高く宣伝しているためHYIP(ハイプ)詐欺の疑いがあります。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 参加は危険?詐欺の可能性は?

結論からお伝えすると、参加申し込みはおすすめできません。

 

実際に参加申し込みをする場合は、

通常価格327,800円 →最終価格298,000円

の費用を支払わなければなりません。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 参加は危険?詐欺の可能性は?

それでも、ランディングページのは1日で10万円が稼げると記載されているので3日もあればすぐに費用分の支払金額を取り戻せそうです。

 

しかし、これは「クロスリテイリング株式会社」がよく行うやり口であり、参加しても全く稼げることはありません。

 

販売元である「クロスリテイリング株式会社」は、同様のFX投資案件を毎週のようにローンチしている業者です。

 

案件内容は、ほぼ全てFX投資の投資EA販売が目的であり、その投資EAの中身はスキャルピング型のハイリスクハイリターンのシステムです。

 

そして、これまでに販売したシステムの評価はとても悪く、被害や悪評が絶えないため「クロスリテイリング株式会社」が関わる投資案件は危険と注意喚起されるほどです。

 

これまでにクロスリテイリングの投資EAを利用することで「稼げた」と実績が出た情報は聞いたことがありませんので、おそらく投資システム自体は使い回しをしているのでしょう。

 

また様々な付属のコンテンツ・カリキュラム・サポートなどについても中身はすべて、さらに参加者に対して継続して自動売買システムを使用するよう仕組まれた動画や曖昧なデータと案内ばかりです。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 参加は危険?詐欺の可能性は?

信じ込んで参加するだけ時間の無駄ですし、自身の損失につながるのでご注意ください。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 口コミや評判

続いて、プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)の口コミや評判について見ていきましょう。

 

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)はまだ、加藤ムネヒサ氏によってローンチされたばかりの情報ですが、

 

すでに【危険】【おすすめしない】などの、ネガティブな口コミや評判が目立つ状況です。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 特商法について

特定商取引法(特商法)には、販売事業者などの企業情報、電話番号やメールアドレスなどの連絡情報、返金・返品保証やルールなどの注意書きが書かれている重要な項目であり、ネットで商品を扱う際にはこの特商法の記載が義務付けられています。

 

契約トラブルや金銭トラブルに発展しないよう、我々消費者も特商法の表記を確認しておく必要があるので、アストラル・ファイア(Astral FIRE)にメールアドレス登録をする前に確認することが理想ですね。

 

ただし、プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)に関しては、特商法の表記内容として問題はありません。

 

なので、特殊詐欺や資金を持ち逃げするような危険性は無いでしょう。

販売業者クロスリテイリング株式会社
運営責任者松山有希
所在地東京都墨田区錦糸一丁目2番1号 アルカセントラル12F
電話番号03-5244-5377
メールアドレスplatinum@cross-academy.jp

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 返金や解約は可能?

返金について不明
解約について不明

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)のランディングページには返金・解約についての説明がなく不明瞭です。

 

注意書きに表記されている「投資に係るリスクおよび手数料について」は確認すべき項目です。システムで稼げなかったり、どんな損失が出たとしても全て自己責任となるようです。返金やキャンセルはできない可能性が高いです。

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) 返金や解約は可能?

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX) まとめ

プラチナラインシグナル(PLATINUM LINE FX)を調査した結果、

  1. クロスリテイリング株式会社が関わる投資案件には要注意
  2. 誇大広告を多用した悪質HYIP(ハイプ)で信用できない
  3. 1日わずか3分で10万円稼げる再現性は無い

ということで

この企画は稼げない悪質ネットビジネスの可能性が高いので

私からおすすめはしません。

 

この案件にご興味があったかもしれませんが、

決して惑わされないでください。

 

世の中には、本当に稼げる副業や投資案件が数多く存在しますが、

「誰でも簡単に稼げる」と書かれている広告の多くは、

全くと言っていいほど参加しても稼げないものだらけです。

 

私は、ネットビジネスで ”正しく” 稼ぐ道を進んでいます。

現在は5つのネットビジネスで月に400~500万円の収入があります。

 

ネットを活用した優良ビジネスは本当に稼げますし、

案件次第では最短で大きな収益を作り出すことも容易です。

 

副業で稼いでみたい!という方はぜひ私と繋がっておいてください。

実際に私が稼いでいる案件であれば、すぐにでもご紹介できます。

副業デンジャー

 

よく、副業や投資に関するご相談も頂いているので、

悩んだり、迷ったりした時でも、いつでも私を頼ってください(^^)

 

大抵の苦労は経験してきたつもりなので、安心してメッセージを送ってください。

 

実は私も以前、何度か騙された経験があります。

数年前になりますが、悪質案件に惑わされ、莫大な借金を背負い、家族に辛い思いをさせました。

 

何事も、焦りは禁物ということですね。

もう二度と同じ思いはしたくありませんし、誰にもさせたくありません。

 

これから副業に取り組もうとしている方は、まずは一歩を踏み出してみてください。

私が行っているネットビジネスでしたら、すぐにお教えできますのでご連絡ください。

 

それ以外でも情報は持っていますので、私と繋がっていればお渡しできます。

私が必ず力になりますので、いつでもお声掛けください。

副業デンジャー

【必読】一緒に読むべき関連記事 ↓